赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢

これは驚愕の書である。
ずっと学校の授業で歴史というものがしっくりこなかった。
いくら勉強しても頭に入らない,特に日本史が,特にその近現代の歴史が。
その理由がわかった気がする。
目から鱗である。
「長州レジームから日本を取り戻せ」

「長州レジーム」というのは,白井聡氏の「永続敗戦レジーム」をベースにしているため,「永続敗戦論」も必読である。
今更ながらではあるが,,現在は,文庫化もされている。

いま,われわれの生きる戦後の世界なるもの,その「平和と繁栄」がいかなるものなのか,どのような条件によって成立したものなのか,
したがって,それらの条件が崩れようとしているいま,これからどのような時代になり,どのように生きるべきか,考えさせてくれる。
「右」とか「左」とか以前の問題である,まずこれを読んでから議論しようということである。

永続敗戦論 戦後日本の核心 (atプラス叢書) [ 白井聡 ]

created by Rinker

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫) [ 白井 聡 ]

created by Rinker

マンガでわかる永続敗戦論 [ 白井聡 ]

created by Rinker