プロフィール

トップページ > 事務所概要 > プロフィール

昭和38年生まれで,平成25年 司法書士試験合格
平成26年6月 司法書士登録(大阪司法書士会)
簡裁訴訟代理等認定(すべての司法書士は、裁判所に提出する書類の作成はできますが、訴訟の代理は認定司法書士しかできません。また、認定司法書士であっても代理できる訴訟は、簡易裁判所における訴額140万円以内の民事事件に限られます。)
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員
(リーガルサポートとは、高齢者、障害者等が自らの意思に基づき安心して日常生活を送ることができるように支援し、もって高齢者、障害者等の権利の擁護及び福祉の増進に寄与することを目的として全国の司法書士によって設立された公益社団法人です)
全国青年司法書士協議会会員
(全国青年司法書士協議会(略して全青司)とは、法律家職能としての使命を自覚する青年司法書士の緊密な連携を図り、市民の権利擁護および法制度の発展に努め、 もって社会正義の実現に寄与することを目的とする団体です。全青司では司法書士の可能性について活発に研究が行われており、過去の代表例としては、グレーゾーン金利撤廃(過払金)の原動力のひとつになるなどしました。私は青年とはいえませんが、常に最新の動向を吸収し、研究を怠らないようにするため会員となっております)
一般社団法人商業登記倶楽部会員
商業登記倶楽部とは、司法書士の商業法人登記業務を支援するシンクタンクとして、商業法人登記に関する調査研究、情報の提供等を行っている団体です。合言葉は、「会社法を司法書士の手に!」で、不動産登記のみならず会社法及び商業法人登記のプロフェッショナルとしての司法書士の存在意義を広めていこうとしております。その趣旨に賛同し、商業法人登記に積極的に取り組む司法書士として、会員となっております。

平成26年10月 現在地に事務所開設
現在のところは,当職ひとりの事務所ですが、業容の拡張に応じて補助者及び資格者の募集をするかもしれません。

今日司法書士の仕事は登記だけではなく,非常に広範な領域に広がっております。
若くして司法書士の資格を取り,ずっと司法書士の仕事しかしてこなかった司法書士とはまた違った特色を持っております。
司法制度改革(それが成功だったのかはさておき)では,様々な経験をしてきた人材を法律の専門家として育成することもひとつの目的であったわけです。

というわけで,司法書士以外のバックボーンをもつ司法書士です。
これまでの司法書士があまり取り組んでいない訴訟関係(本人訴訟支援)や中小企業の経営支援等にも注力してまいります。
また,誰にとっても未知な最先端の領域や時代とともに新たに生起してくる問題にも積極的に取り組み,挑戦していきます。

松宮法務事務所

なぜ司法書士(法律家)なんですか?

もともと法律それ自体には全然興味がありませんでした。

公務員の労働基本権に関する憲法判例(労働基本権を認めた初期の判例が政治状況の変化を背景に正反対にひっくり返った)に典型的なように法律の解釈も時の政治状況に左右され、司法もそこから自由でない以上、法律なんて、まじめに勉強してどうするんや、と思っていたんでしょうか。

法律など所詮は人間の作ったものだと、自然界を探求する自然科学に、関心は向いていました。
ただ、自然科学への興味も個別の自然科学を極める方向ではなく、哲学的な方向、つまり科学論や科学哲学に向かっていました。釣りなど自然と触れ合うことが、趣味なのですが、私の幼少時代はまさに公害が社会問題となり、急速に自然が破壊されてゆく時代(いや水俣病など人間の生命身体も破壊されました)でした。
そんなことから科学技術と社会との関わりに関心があったのでしょう。
当時は、村上陽一郎、今西錦司などの著作をよく読んでいました。

しかし、最初は資格取得のために法律の勉強を始め、法律系資格予備校「伊藤塾」で学んだのですが、「立憲主義」そして憲法の一番大事な概念である「個人の尊重」というものをまったく理解せずに、ずっと生きてきたことを知りました。
確かに、学校で憲法を習いますし、ルソーだの、ロックだの、モンテスキューだのを習いますが、これらをちゃんと立憲主義,個人の尊重という観点から習った記憶がありません。私が理解していなかっただけかもしれませんが、今でも日本国憲法の3原則は「基本的人権」「国民主権」「平和主義」等と言われており、その前提であり基本である「立憲主義」「個人の尊重」が飛んでしまっています。意図的に後景化させているのかどうかわかりませんが、そのおかげで私は法律に興味関心を感じなかったのです。

皮肉なことに資格の受験勉強を始めて予備校の授業で「立憲主義」を知るという皮肉なことになりました。
飛鳥時代から今日迄の1500年間、日本人は、日本国憲法がありながら、いまだ「国民主権国家」を実現していません。

上記のことは,私の執務のバックボーンにあるもので,なにか声高に主張するようなものではありませんが,中小企業支援,高齢者問題(成年後見等),トラブル解決(訴訟支援)の根底を貫いているもので,期待に応える良質なサービスを提供するために不可欠なものと考えています。

略歴

1963年、大阪市生まれ。
生後しばらくは実家のあった平野区在住、兵庫県に引っ越してからも、実家の個人商店を手伝う必要があったため、
子供時代は、頻繁に天王寺経由で平野を訪れていた。
当時、関西本線(大和路線)は、全線電化されておらず、蒸気機関車もまだ走っていました(今はJRからなくなったキハ30,35系がメインで走っていた)。
まだ、その頃は、ブラックバスは箱根の芦ノ湖と関西では兵庫の東条湖にしかおらず、外部に流出しないよう厳重に管理されていた。
日本におけるブラックバスフィッシングの黎明期から、この釣りの存在を知っていて(小学校5年頃)、始めだしていたのだが、実際にバスを手にするまでに、10年以上かかったのではないか。
その後は大阪市内に戻り、大阪市立文の里中学校卒業、大阪府立天王寺高校卒業、このころは、琵琶湖にブラックバスがいると騒がれ始めた時期で、マイナーな存在だったバス釣りが一挙にブームになっていく時期だった。その後は周知のようにバスは悪者の典型となり、ブームも下火となる。
しかし、中学時代、私はバス釣りに没頭することもなく、受験勉強に没頭していたのであった。高校時代も、やはりバス釣りに没頭することもなかったが、受験勉強にもなかなか没頭できず、やっとのことで大阪市立大学理学地学科に入学。

子供の頃の将来の夢は,自然科学の研究者でした。私の子供時代は日本において公害問題が大きな社会問題となっていました。人々に豊かさをもたらすはずの科学技術が,人々に大きな犠牲を強いていたのです。
これは,営利を最優先にした企業活動によってもたらされたものです。営業の自由があるといえども,周辺住民を病に陥れ,環境を悪化させる企業活動が認められるはずはありません。
かくして,私は自然の真理を探求する研究者の道ではなく,社会問題の解決に果敢にとりくむ道に転身致しました。そして様々な形でこの社会と関わった末,回り道もしましたが,「法律家」という一つの解答を見出し,今ここに出発することとなりました。
その後,日本では厳しい公害規制も導入され,近年では環境意識の高まり,また企業コンプライアンスの理念の浸透なども見られるところとなっています。
それぞれの利益は尊重されるべきですが,その利益が互いに衝突する場合,適切に利害の調整を行う必要があります。
それが国家の役割とも言えます。
それ以上の役割であってはならないとも思います。
この社会には,未解決の問題も多々あり,常に新たな問題の発生の危険を抱えているといえます。
それらを「個人の尊重」をキーワードに解決していくことを,ミッションとしています。

バス釣り後日談~近況

20代後半くらいからちょくちょく主にオカッパリでバス釣りに出かけていたが、釣果は芳しいものではなかった。POP-Xでバスを釣ってトップでの釣りが好きになり、トップで釣れる魚を求めて、GT(ジャイアントトレバリー)フィッシングにまで手を出すが、ここ数年は行っていませんでした。2014年,約9年ぶりくらいに宮古島にジギングに行ったのですが,強風で出船できませんでした。2016年秋、ようやく宮古島にGTとジギングに行くことができました。GTは一回出ましたが残念ながらラインブレイク、ルアーは回収しました。ジギングでは、スローピッチジャークでカツオやキメジが釣れました(実は初ジギング)。
現在、堺市在住。

趣味

前述した釣り以外に。
最近はパソコンも安くなりコスト的なメリットはあまりありませんが,パソコンは基本的に自作してます。現在使用しているメインパソコンも自作機。

あとは,事務所のホームページを作ろうとWordpressを使ってみたところ,初心者が簡単に使える範囲は限られており,自由にカスタマイズするには本格的な知識がそこそこ必要とわかってきて,逆にそこにハマってしまいました。

そしてWordpressによるウェブサイト制作が今はなかば趣味と化している。この事務所ホームページももちろんWordPressにて自力で開設。サーバーは,現在実験的にAWS(アマゾンウェブサービス)に置いてます。

他に完全に下手の横好きですが,サッカー(フットサル)を少々。
また,先日,宮崎県のとある自治体でシニアのためのサーフィン教室が開かれていて,健康づくりに一役買っているということを知りました。同年代のおやじサーファーが結構います。
が,危険もありますので,やめておきます。

まとめ

大阪市生まれ。学校の成績は悪くはなかったが、超優等生というわけでもない。それが中学2、3年奮起して、高校は大阪府立天王寺高校と東大寺学園に受かったが、結局、天王寺高校に進学。しかし、その後成績は急降下。数学や物理に全くついていけてないのに、理系クラスに進む。苦労して大阪市立大学理学部に入学した。この頃は、自然や社会の根本を解明する研究者を目指していた。(中略)紆余曲折を経て、若い頃には選択肢にもなかった司法書士となり現在に至る。
野球が苦手だったことで、体育全般が苦手になるが、その後サッカーの時代が日本にも到来したことで、サッカーは好きである(ラグビーも)。もちろん下手くそではあるが。
趣味は、宮古島におけるGTフィッシングやジギングだが、滅多に行く機会がないので、一向に腕は上がらない。

好きな言葉:
Planned Happenstance (計画された偶然性)
Connecting the Dots (点と点をつなぐ)

好きな自動車メーカー: MAZDA
理由1:「走る歓び」を掲げ、空気のような実感のない運転の容易さではなく、手応えのあるステアリング等の設定がなされている点。
理由2:「誰もが無理だということであっても敢えて挑み、どんな困難に当たっても、決して諦めずに夢を追いかける屈強なチャレンジング・スピリット」(マツダ公式ホームページより)

好きなCMS(コンテンツマネジメントシステム): WordPress
理由:ミッションとして「パブリッシングの民主化」を掲げ、コミュニティを重視している点。便利で優れているからという理由だけで使っている人も多いと思うが、その理念に注目したい。

信条:
様々な理由をもって現行憲法を根本から変えてしまえという過激思想の持ち主ではなく、安易に現行憲法を変えるべきではないという保守的思想の持ち主。