赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢

これは驚愕の書である。
ずっと学校の授業で歴史というものがしっくりこなかった。
いくら勉強しても頭に入らない,特に日本史が,特にその近現代の歴史が。
その理由がわかった気がする。
目から鱗である。
「長州レジームから日本を取り戻せ」